▲Page Top

HISTORY

キャノラインの誕生

ジーンズ作りに手を染めた一番の衝動は、
単純に「自分が穿きたいジーンズを作りたかった」という、ただそれだけです。
ジーンズ好きなら誰しも、自分の理想通りのジーンズが欲しいと思うはず。
それとなんら変わらない衝動が、私の中には常にありました。

そして幸運なことに、私の場合、たまたま親がジーンズ縫製工場を経営していました。
物心ついた時から私の周りには、ジーンズと、ジーンズを作る環境があったのです。
「自分の理想通りのジーンズが欲しい」と思うジーンズ好きは、世の中にきっと何百万人もいることでしょう。
その中で恐らく0.001%の人にあるかないかという非常に恵まれた環境が、私にはありました。

更に、ジーンズの生産拠点はどんどん海外へと移行し、メーカーからの受注が年々減ってきて、縫製工場の経営が厳しくなる一方だったという、逆境とも言える負の状況がありました。
今思えば、それも、キャノラインジーンズ誕生への、ひとつの原動力になったかもしれません。

そして、キャノラインジーンズ制作の、一番決定的な引き金となったのは、ひとりの親友の存在です。
たまたま親友のひとりが、私と同じ、無類のジーンズ大好き人間でした。
そして彼もまた「自分の理想通りのジーンズが欲しい」と思う人間の一人でした。
そんな彼と与太話を繰り返していくうちに、いつしかパターンが作られ、生地を用意し、裁断し、縫製へと進んでいきました。
そして生まれた商品が、記念すべきキャノライン第一号「J-001」だったのです。

衝動・環境・原動力 そして、きっかけとなった親友の存在。
それらの偶然が重なり、キャノラインジーンズ、
そしてCL factoryは、生まれました。

そのきっかけとなった親友とは、今も尚CL factoryのスタッフとして一緒に働き、いろいろアイデアをもらいながら、新たな製品開発の為の試行錯誤の日々を送っています。

キャノライン、そしてCL factoryは、今までも、そしてこれからも、最初に抱いた衝動を忘れることなく、
本当に、自分たちが心の底から良いと思えるものを、
ここ、栗駒から発信していきます。